現役データサイエンティストが教える

AI・機械学習

AI Learn up!

【初学者向け】

「AIを使う側」の人間となり、自身の「市場価値」を高める

~AI分野の第一線で活躍している、データサイエンティストが講師を務める実践型講義~

カリキュラム概要

最終目標

実務レベルでAIを導入できるスキルを身につけること

本講座に参加することのメリット

●メリット1

本講座では”AIに関する知識がゼロ”でも実社会のビジネスの問題を題材にハンズオン形式で「ビジネスで活きるAI」を学習することができます。

●メリット2

卒業後の特典として、AI活用企業へのインターンを紹介・支援致します。

講座内容

■講座(全12回・12プログラム構成)

・第1回:概要説明とPython体験

・第2回:教師あり学習

・第3回:教師なし学習

・第4回:予測モデルの学習と評価

・第5回:ビジネスでよく使われるモデル紹介

・第6回:ビジネスで必要なDeepLearning知識

・第7回:実世界データのモデリング

・第8回:飲食店の来客数予測

・第9回:クレジットカードの不正利用検知

・第10回:手書き数字画像の認識

・第11回:ニュース記事のテキストデータ分析

・第12回:WebアプリへのAIプログラム組み込み

講座日程

●講座

1日目:11月23日(土) 13:00~17:00 ※終了後、施設内で懇親会を催します。

2日目:11月30日(土) 13:00~16:00

3日目:12月07日(土) 13:00~16:00

4日目:12月14日(土) 13:00~16:00

5日目:12月21日(土) 13:00~16:00

6日目:01月11日(土) 13:00~16:00

7日目:01月18日(土) 13:00~16:00

8日目:02月15日(土) 13:00~16:00

9日目:02月22日(土) 13:00~16:00

10日目:02月29日(土) 13:00~16:00

11日目:03月07日(土) 13:00~16:00

12日目:03月14日(土) 13:00~16:00

※各日、講義後のフリータイム(講師への質問等)を含めた時間となっています。

受講料

無料

募集要項

応募対象者

・大学生/短大生/専門学生/高専生

募集人数

・20名前後

応募条件

・全12回の講義にすべて参加ができること。

※参加できない日程がある場合は、自習で賄う事

・ノートPCを持参できること。

<推奨スペック>

・ CPU : Core i5以上

・メモリ : 8GB以上

・空きストレージ : 20GB以上

応募方法

・応募フォームから必須事項を記載の上、お申込みください。

選考フロー

・応募後、面接(1回)を経て決定。(応募数に関係なく、面接を実施いたします。)

●1次選考:応募フォーム

募集期間:2019年11月14日(木)まで


●2次選考:面接

面接期間:2019年11月11日(月)~ 2019年11月15日(金)

各日、10:00~17:00の間で個別に応談


※面接可能日時を応募フォームにご記入ください。

※応募フォームの内容を確認し、面接に来ていただく方には改めてご連絡します。

※一人あたりの面接時間は15分程度です。


【面接で重視する項目について】

プログラミング教室の全日程への参加可否、受講動機

応募フォーム

プログラミング教室「Learn up!」への応募に際し、個人情報の取扱について




講師紹介

森田 尚也 氏

1992年名古屋生まれ。名古屋大学大学院情報科学研究科にてAIの理論・応用に関して研究。大学を卒業後、メーカー系IT企業にてデータ分析業務に従事し、そのノウハウを活かして2018年12月に株式会社Activate Dataを設立。事業としてデータ分析受託、AI組み込みアプリ開発受託、AI人材育成を展開中。業務で使用する言語・技術はPython, Java, C#, Dockerなど。分析、開発、マネジメントをこなすマルチエンジニア。「すべての企業と個人へ手軽にAIを!」という理念をもとに、企業に対するAI技術の導入サポート、個人に対するAI技術習得勉強会講師を担い、裾野を広げたAIの普及に尽力している。

荒川 準也 氏

1995年名古屋生まれ。東京理科大学 理工学部卒。OR系研究室にて定期船の船舶スケジュール最適化研究を行う。メーカー系IT企業へUターン就職をし、データ分析業務に従事。前職で同僚だった森田と2018年12月に株式会Activate Dataを設立。データ分析受託、AI組み込みアプリ開発受託、AI人材育成を行う。使用言語・技術はPython・Java・Ruby等。次期に、AI人材と企業を結びつけるAI人材マッチングサービス、ITイベント等へ様々な理由で参加困難な優秀学生へAIを学ぶ機会を提供することも視野に入れたe-Learningサービスを展開予定。